第36回市展「なら」

36市展ならポスター第36回市展「なら」募集要項

内容をご確認の上、ご応募ください。

 36要項1P  36要項2P
 名称未設定-3  

市展「なら」とは

奈良市美術展覧会(市展「なら」)は、広く皆様から作品を募集する公募型の美術展覧会です。

・下記応募資格に該当する限り、どなたでも(市外在住の方でも)応募できます。

・入選された方の作品は、奈良県文化会館で展示されます。  (例年は奈良市美術館で開催しておりますが、奈良市美術館の一時休館に伴い会場を変更して開催します。)

・優秀な作品には賞を贈ります。

・「美術文化に対する知識の向上と美術作品創作意欲の高揚を図り、もって本市の文化振興を図る」ため、昭和57年度から開催しています。

 

第36回市展「なら」の概要

※応募方法等の詳細は作品募集要項をご覧ください。  作品募集要項は、奈良市役所文化振興課、出張所、行政センター、連絡所、生涯学習センター、公民館、文化施設等で配布しています。 

会場

奈良市美術館の一時休館に伴い、会場を変更して開催します。ご注意ください。

奈良県文化会館 展示室C・D 〒630-8213 奈良県奈良市登大路町6-2 電話番号 0742-23-8921  FAX番号 0742-22-8003  

地図・交通アクセスこちら(奈良県文化会館ホームページへリンク)

※お願い

搬入・搬出に伴う駐車場の枠が数台しかありません。

また、周辺道路への駐車もできません。

公共交通機関を利用されるか、周辺の有料駐車場に駐車して搬入・搬出を行って下さい。

日程 
搬入受付

平成30年2月20日(火)  午前10時~午後5時

鑑審査 平成30年2月21日(水)

会期

(作品の展示)

平成30年2月27日(火)~3月4日(日)

午前9時30分~午後5時(入館は午後4時30分まで)

表彰式 平成30年3月3日(土)  午前10時30分~

 

応募資格

平成14年4月1日以前に生まれた人

 

出品規格 
部門 出品規格
日本画

20号以上50号(S50号含む。最大幅116.7cm)以内で額装のこと。ただし30号以上の斜めがけは不可。 額の幅は11cm以内(マットを含む)。

洋画

20号以上50号(S50号含む。最大幅116.7cm)以内で額装のこと。ただし30号以上の斜めがけは不可。 版画は四つ切版(54.0cm×38.0cm)以上50号以内。 額の幅は11cm以内(マットを含む)。

彫刻

横幅150cm・奥行150cm・高さ200cm・重さ100kg以内とする。

工芸

平面作品は、縦180cm・横幅150cm以内。 立体作品は、横幅150cm・奥行150cm・高さ150cm・重さ100kg以内。 魚拓、珍木、手芸に準ずるものは除く。

仕上がり面積1.13㎡以内とし、縦約180cm・横約168cm以内で枠張り又は額装。但し、縦軸は可。軸装の紙のサイズは半切(34.8cm×136.3cm)まで。※縦軸とは、掛軸(壁に掛けられるもの)。 規定の用紙に楷書で読み下し文及び意味の良く分かる様に釈文を書き、封筒(出品者の氏名を記入)に入れ作品の裏に貼付。

写真

半切(43.2cm×35.6cm)又はA3ノビ(48.3cm×32.9cm)から全紙(56.0cm×45.7cm)まで。ただし組写真は不可。 いずれの作品もパネル装又は額装。

 

 応募の制限

1人1点のみ。 未発表作品に限ります(個展・グループ展での発表作品は除く)。また、他の公募展で入選・入賞された作品と同一作品の応募は出来ません。入選後、未発表の作品でないことが判明した場合、入選・賞を取り消します。

出品料

1点3000円 (ただし、平成11年4月2日以後に生まれた人は無料。年齢を証明するものを持参のこと。)  

鑑審査員                                  
部門 鑑審査員(敬称略) 
日本画 上村 淳之
岡川 孔
髙橋 直人
洋画 岡崎 浩
白石 道夫
南城 守
松本 秋美
彫刻 石増 敏枝
鎌田 仁
杉村 仁
工芸 遠藤 賢治
豊住 和廣
新倉 晴比古
深井 万象
三橋 永青
山本 高邨
写真 大上 豊
大西 としや
後藤 親郎

 

 賞

各部門について鑑審査の結果、優秀な作品に次の賞を贈ります。

 市展賞・・・・・・・・・・・1名

 市長賞・・・・・・・・・・・1名

 市議会議長賞・・・・・・・・1名

 市教育長賞・・・・・・・・・1名

 市美術家協会賞・・・・・・・1名

 奨励賞・・・・・・・・・・・若干名

 

※ ただし、該当作品が無い場合は、賞を贈らないことがあります。

 

注意事項

・ 「出品規格」に合わないもの、破損しやすいもの、異臭を放つもの、高温を発するもの、動力源を必要とするもの、引火性の強いもの、腐敗しやすいもの、その他危険と思われるものは受付けません。

・ 作品は展示可能な状態で出品してください。レリーフ状作品は、必ず作品の保護をして搬入してください。

・ 額装の際は裏面にヒートン・ひもを必ずつけ、ガラスは、入れないこと(アクリルは可)。 

・ 出品物に対しては十分注意を払いますが、不可抗力による作品の紛失・破損等に対しての責任は負いません。

・ 指定期日に搬出されない作品の保管については責任を負いません。

・ 主催者は、記録、広報の目的で、作品の複製(写真撮影等)ができるものとします。

・ 主催者は、記録、広報の目的で、入賞・入選者の氏名、作品の題名、作品の写真を公表できるものとします。

・ 会期中、館内での写真撮影は可能となります。

 

作品解説

会期中、各部門1回ずつ、鑑審査員による作品解説を行います。

 

年月日 部門 解説者(敬称略)
平成30年3月3日(土) 正午~ 写真 後藤 親郎
午後1時~ 彫刻 杉村 仁
午後2時~ 洋画 岡崎 浩
平成30年3月4日(日) 午後1時~ 日本画 岡川 孔
午後2時~ 工芸 豊住 和廣
午後3時~ 三橋 永青